高居に聴く!高居が行く!

tel:075-708-5072
受付時間:9:00~21:00
撮影に関するご相談や予約に関しては、
お電話にて承ります。お気軽にお問合せください。

クロマキー合成の活用法

スタジオの映像表現において、クロマキーの活用法は多々ありますが、
ワンスタが推奨する活用法は大きく分けて3つございます。

①背景画像合成型
一つ目は量販店のサービス案内や教育教材などに
主に活用されている、背景に画像を合成するタイプです。
販売用チラシ、サービスの概要、製品の写真、パワーポイントのデータ、
それらを背景に合成させ、手前にナビゲーターを配置します。
それによって本格的なプレゼンテーションムービーが簡易に作成できます。
ワンスタのお手軽さやスピード性を存分に生かした例となります。


IMG_8432.jpg

②CG合成型
二つ目はCG映像を背景に合成させるタイプです。
最近はCMや映画でもほとんど本物と見まがうほどのクオリティで
CG映像が合成されております。
ロケ撮影ですと天候に左右され、タレントのスケジュール調整なども困難になります。
そこでスタジオ撮影の案件が増え、CG合成が主流になってきております。
ワンスタにもCMやVPにおいて、実績多数の専属CGクリエイターが
所属しているため、リッチコンテンツを制作する際には、
背景にCGを合成する映像表現を特に推奨しております。


③スチール×映像型
そして三つ目はワンスタのコンセプトでもあるスチール×映像の活用法です。
クロマキー合成は動画特有のものではなく、スチールでも活用方法が見受けられます。
特に人物切り抜きの場合、ROBUSKEYなどのクロマキー専用プラグインを使用して、
モデル撮影のおける精度の高い画像抽出を実現可能としています。
スチールでも映像でも、同様のスタジオで同一日に撮影が可能なのは、
ワンスタがスチール×映像のコンセプトを持っているからに他なりません。


このようにクロマキー合成をひとつとっても活用方法は様々です。
以上、ワンスタのクロマキー合成の活用法について紹介させていただきました。

最近の記事

白ホリゾント塗装

白ホリゾント塗装
ワンストップスタジオのメインスタジオは、スチール撮影・映像収録の白ホリゾントスタジオとなっております。 1Fメインスタジオの使用回数がもっとも多いため、...

高居マネージャーが直接お客様のもとへ伺います

お客様のご要望やご相談を解決すべく、高居マネージャー自ら伺います。 当サイトをご覧になってワンスタの利用をご検討いただいている方、撮影機材に関するご相談、カメラマン・モデル・スタイリストの手配など、お気軽にお問合せください!

お問い合せはこちら